大学アドミニストレーターを目指す大学職員のブログ

大学や高等教育関連の話題が中心。

【スポンサーリンク】

雑感

第3期教育振興基本計画の高等教育に関する記述のまとめ

平成30年6月18日に文部科学省のホームページ(新着情報)に、第3期教育振興基本計画が掲載されました。 第3期教育振興基本計画:文部科学省 概要だけでは、どうも高等教育に関してどのように書かれているかが掴みにくい部分があるので、下記についてまとめま…

リカレント教育は寄附講座にしたらどうだろうか

5月15日に中央教育審議会大学分科会将来構想部会 第14回制度・教育改革ワーキンググループが行われました。 この会議での議題は、社会人の学び直しに係る制度改正、実務家教員の登用制度、認証評価制度です。 なお社会人の学び直し(以下、「リカレント教育…

大学間連携の難しさ

ここ数年、大学の連携の話がよく聞くようになっている。それはコンソーシアムだけでなく、補助金や政策誘導による大学間連携共同教育推進事業や私立大学等改革総合支援事業のプラットフォームも連携の一つであある。 <参考> 大学間連携共同教育推進事業:…

【コラム】GW明けの学生の所感~いつでも多忙な学生~

自分が学生の頃を思い出すと、例えば一般教養の科目は、大教室に溢れんばかりの受講生がいても、ゴールデンウィークが明けると徐々に受講者数が減り、また試験前にどっと増えるというのが殆どでした。 そうなると大混雑だったスクールバスや学食の混雑が緩和…

科目閉講と兼任教員の担当について

先日SNS上で、非常勤の先生が履修者がいない科目があり、大学からその科目のぶんの手当がないと連絡があったとの話が話題になりました。 この話題については給料はどうなるのだとの話が多いように思われますが、次の2つがあるのではないでしょうか。 ①閉講…

新しいiPadでPDFを読む~Liquid Textを活用してみた~

先日、新しく出たiPad(第6世代)を買いました。iPadは第2世代とiPadmini第2世代を持っているのですが、前者は実家へ後者は子供がたまに使っています。今回、購入に至ったのは、アップルペンシルが対応となった事、そしてPDFデータを隙間時間に読まないと…

平成29年度認証評価結果報告書の努力課題等のまとめ

大学基準協会に平成29年度の大学評価の結果報告書が公表されました。そこで①大学基準協会に平成29年度の大学評価を受審している、②適合もしくは期限付き適合である条件の47大学の評価報告書から努力課題や改善勧告について類型化を行いました。これにより大…

大学名や学部名の難しさ

(まずこの記事は設置担当者、例えば大学を設置する時や学部学科等を設置する際の担当者の立場から書いたものである。) 大学名や学部名は非常に重要である。例えば私学であれば建学の精神や歴史を写し出すものであり大学のブランドにも関連する事である。一…

違和感を大事にする事

仕事をしていると、たまに紙にペンがひっかかるような違和感を感じる事がある。自分としては、万年筆でヌルヌルと文字を書いていたのが、たまに紙に引っかかる感覚である。そして大概は放っておくと、問い合わせ、課題や問題点へと発展する場合が多い。 その…

【コラム】(この春に職員になる人向け)入職してから留意しておくこと

自分が入職した時は、例外なくOJTがありまして、業務や稟議の書き方などを逐一チェックされつつ覚えていくわけです。そのときは仕事を覚えるので大変だったわけでしたが、今思うとこんな事をしておけば良かったや自分がOJTで指導する立場なら業務など…

【コラム】単位制度に関するキャップ制の議論の論点について

単位の実質化に関する議論でCAP(キャップ)制に関するものがあります。そもそもキャップ制とは次のことを言います。 学士課程教育の構築に向けて(答申):文部科学省 学士課程答申用語集 【キャップ制】(p20,21,)単位の過剰登録を防ぐため,1…

面倒見の良さと入学前教育に関する私見

先日、教育学術新聞を読んでいた時に倉部史記氏が寄稿された記事の進路指導に関した記事で「面倒見の良さ」について言及されていました。(該当の記事は、教育学術新聞の2月28日号か、倉部氏の公式サイトを参照して下さい) kurabeshiki.com この記事につい…

【コラム】自分の能力の有効性の段階

自分が常に心がけているものとして、自分の得意な分野を持ち、その業務をやっていなくともブラッシュアップは細々と続けるようにしています。そして常に思っているもので(このブログでも何回か言っておりますが)自分の武器を持ったほうがいいという事です…

大学職員として押さえておくべき大学設置基準③~教育研究上の基本組織~

大学設置基準のシリーズの今回は第3回目、取り上げる箇所は第2章の「教育研究上の基本組織」です。 ではまず該当の設置基準を確認しましょう。 第二章 教育研究上の基本組織 (学部) 第三条 学部は、専攻により教育研究の必要に応じ組織されるものであつて…

【コラム】教職協働の一言の多様性と障壁

先日、大学設置基準の解説で教職連携や教職協働の項目について少し記事にしました。 www.daigaku23.com ただ、教職協働となると一言を持っている人が多いなと感じています。例えば、こんな意見でしょうか。 ・教職協働は重要である。 ・教職協働は不要である…

【コラム】淘汰される組織と人~作業と仕事と自己投資~

先日、日本経済新聞で2040年度には大学進学者数が50万人となると報道がありました。 www.nikkei.com 学校基本調査の平成29年度の結果を見ると780大学があり、1万人以上の学生がいる大学が64大学あります。仮に2040年、あと20年少しですが、大規模大…

【コラム】若手中堅の大学職員が生き残っていく為に

一部の大学は定員超過率の抑制などが直接の原因かは分からないが、今年も募集は順調な所があると聞きます。よって大規模大学をはじめ、定員超過率抑制や東京23区内の定員増加抑制の恩恵を受けた大学2018年度問題とは言われていますが、そこまで実感していな…

大学の情報公開と欲しいデータ

仕事柄、様々な大学の情報を調べることがある。基本は大学のホームページであるが、他にも大学案内や各種パンフレット、認証評価の結果、事例に関する論文等などにも目を通すことがある。 大学の中にいるので、大概のデータはどこにあるかは分かるが、大学の…

履修証明制度(履修証明プログラム)の一部変更に関するメモ書き

新卒で社会人になった頃は、まず仕事に必要な知識やスキルを1ヶ月の泊り込み研修で叩き込まれ、損害保険募集人の資格と取らされたり、仕事を行う上で必要な民間資格もしくは国家資格を取る必要がありました。 今の仕事についてからは立場上&業務上としても…

改革総合支援事業は質保証になりうるのか~タイプ1(質的転換)と大学基準協会の第3期認証評価より~

と平成29年度の私立大学等改革総合支援事業(以下「支援事業」)の採択結果が先日発表されるとともに、平成30年度の文部科学省の予算案を見ると支援事業の採択予定数が減っており、タイプ1の「建学の精神を生かした大学教育の質向上」は今の項目と配点と仮…

【コラム】業務の最適化や削減が、作業の押し付けになっていないか

一つの部署で完結する仕事ではなく、部署を縦断・横断する仕事の時に、他から「こうしたらいいのでは」や「このように変えたい」と言われる事がままある。 時には「その工程にすると楽になりますね」というケース、時には「何を言っているかがよく分からない…

Excel マクロ・VBA初心者にお薦めの本

自分は文系人間なので、エクセルの基本操作はともかく、マクロやVBAはさっぱりでした。ただ、年々業務量が増え、仕事をお願いする事も多くなり、データ集計やデータ分析だけではなく、最低限のマクロやVBAを勉強しようと思って時間のある時に業務の効率化を…

職員が使えるアカデミック版(割)をいくつかピックアップ

教育機関に勤めていると、アカデミック版のソフト等を購入することが出来たりします。そこでアカデミック版で教員のみと記載されていないものをメモ代わりにリンクをまとめました。ご参考までに。 なお、アカデミック版が通常版と比較して安いかどうか、機能…

質問に関連する学びや研修が必要ではないだろうか

「時間がありますか?」と言われ、何が聞きたいか、何が目的なのかが分からないので身構えてしまう事はないでしょうか。また「~~について」と言われても、質問の意図が分からずに戸惑った経験はないでしょうか。 最近、質問について考えさせられる事が多く…

情報の収集・選択・選別・圧縮・保存

世の中には沢山の情報が溢れています。自分はインターネットはダイヤルアップ接続からでしたし、パソコンは中学時代のパソコンの授業はMS-DOSでした。今は多機能端末からいつでも色んな情報にアクセス出来る時代ですので、非常に便利になったと思います。た…

仕事の投手と空虚な人・組織

IRに関わる仕事や、IRをその大学で担う人と話をしていると「データに関する仕事は全てIRに投げ込まれる」という事をたまに耳にします。(組織によって、IR組織に求めるものは異なる為、そういう大学もあるでしょう。)これは教務部とか、アドミッションオフ…

学部の譲渡という報道についての危惧

先日、学部の譲渡というニュースが高等教育界隈では話題になりました。特に最近は専門職大学、23区内の定員抑制、複数の学部等を設置する大学が学部等の組織の枠を越えた学位プログラムの検討など、制度が変わりつつある中でもこのニュースは衝撃だったと思…

IRと大学職員㉔連携IRの可能性

IRというと「意思決定支援」だけではなく、データを情報へ変換しそれを報告すると事も言われています。 そもそもかなりの私学においては、私立大学等改革総合支援事業のタイプ1においてIRを担う人を置くか委員会などを置くかで配点され、そこで「学修時…

入職したら、これだけはどこにあるか押さえておこう!

どうもこういう記事を書くのは時期がずれているような気がしないでもないが、10月で中途採用というケースもあるので、メモ程度にまとめておこう。 自分は、営業を少しやってから、この業界に入ったので教育に関する知識がまったくなく、しかも最初の部署が…

一職員の日常的に活用する書籍10冊

久々に、業務を行う際に参考になった書籍をまとめてみようかと思う。なおこれらの書籍は既に他のブログで紹介されていたり、本ブログでも紹介しているものも含むものである。 なお、今回はインタネットで見られる情報ではなく、書籍のみとし、絶版されている…