大学アドミニストレーターを目指す大学職員のブログ

大学や高等教育関連の話題が中心。

【スポンサーリンク】

雑感

高等教育無償化に向けて、大学が確認・検討すべき事項(メモ)

高等教育の無償化が2020年度から始まります。ただ、これは給付が2020年度から始まるという事です。 無償化には、①無償化の支援対象者が要件を満たし、②該当の大学が無償化の対象となっている必要があります。なお、大学側は高等教育の無償化の対象大学となる…

経団連の「今後の採用と大学教育に関する提案」要点マインドマップと所感

2018年12月に示された経団連の「今後の採用と大学教育に関する提案」で大学や学生に対して教育やキャリア教育の実施について求めています。1枚で提案が概観できるよう要点をまとめたマインドマップや要約マップを作成し、大学にいる立場として所管をまとめま…

私立大学の入学定員充足率と撤退

先日、松野弘先生の「忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が倒産している」という記事を拝見しました。そこで私立大学職員と大学職員ブロガーの立ち位置で自分であれば同様の内容はどう捉えて書いてみました。 www.newsweekjapan.jp なお、定員充…

文科学中教審「2040年に向けた高等教育のグランドデザイン(答申)」の要点マインドマップ

2018年11月26日に文部科学省の中央教育審議会で大学分科会将来構想部会を中心に審議を進めたものが「2040年に向けた高等教育のグランドデザイン(答申)」として取りまとめられ、公表されました。 2040年に向けた高等教育のグランドデザイン(答申)について…

高大連携に関する各県の事例等リンクのまとめ

中央教育審議会が平成26年12月に出した「新しい時代にふさわしい高大接続の実現に向けた高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜の一体的改革について(答申)(中教審第177号)」から、高校や大学は高大接続改革をどうしようかと試行錯誤しながら、もしくは…

財政制度分科会から見る高等教育や私立大学の将来~定員割れ大学の補助金~

2018年10月24日に開催された財政制度分科会の資料が10月25日に公開されています。 www.mof.go.jp この分科会では、「文教・科学技術」、「エネルギー、中小企業、環境、出入国在留管理・治安関係」「防衛」についての資料が配布・公開されています。 この「…

卒業時調査の方法と実態

平成30年度の私立大学等改革総合支援事業タイプ1では、新規の設問が沢山追加されました。今年度、該当の補助金を申請された大学はかなり苦労したかと思います。 www.daigaku23.com 新規の設問の中で、今回ハードルが高かったと思うものに「卒業時調査」があ…

2019年の大学のゴールデンウィークは10連休か

2019年は新天皇即位日に合わせて、来年に限り5月1日を祝日にするとニュースが出ました。さらに4月30日と5月2日も法令に則り、お休みになるとの事です。学生や大学関係者からすると、「10連休といっても、近年は祝日に授業やるから関係ないよね」と思う人も沢…

学生の学習時間と近年の大学改革の小道具

日本の大学生の学生の学習時間が足りないという意見は近年ずっと聞く話です。先日も下記のような記事が出ました。 blogos.com また溝上先生の書籍をあたると、確かに大学生からでは資質・能力は育たないという事が指摘されています。 大学生白書2018 ーいま…

大学の旅費とその考え方

企業でも大学の仕事で部署によりますが、たまに宿泊を伴った出張があります。その際は、各大学(もしくは学校法人)の旅費規程に則って旅費を処理することが前提です。 大学の旅費の比較 大学の旅費の考え方 大学には運営交付金や補助金が入っている 大学の…

大学の公式キャラクターや関連のLINEスタンプまとめ

仕事で大学のキャラクターのLINEスタンプに関する話があり、どのような大学公式のLINEスタンプがあるかを「大学 公式」で検索をして調べてみました。調べてみると、学園祭や部活動の公式キャラクターのLINEスタンプもありましたが今回は除外しています。 今…

大学の実務家教員の議論と懸念点

昨年あたりから「実務家教員」が政策文書の中でちらほらと出てきています。 例えば①工学部の組織編制に関する大学設置基準の一部改正、②高等教育の無償化、③2040 年に向けた高等教育のグランドデザイン(答申(案))あたりですね。 ただ、実務家教員といっ…

受動喫煙対策に関する大学の禁煙対策のメモ

各大学の総務や施設担当の職員は直接関係する事ですので、既に対策について動かれているかと思いますが「「健康増進法の一部を改正する法律」の公布について(通知)」が平成 30 年7月 25 日に出ています。 健康増進法の一部を改正する法律と大学 各大学の…

大学制度に関する文部科学省の今後の検討と大学の検討確認事項

2018年9月20日(木)に中央教育審議会 大学分科会 将来構想部会制度・教育改革ワーキンググループの審議まとめ(案)の資料が公表されました。 制度・教育改革ワーキンググループ(第19回) 配付資料:文部科学省 今までの議論をまとめたものであるので、新…

大学の情報公開と中退率公開の課題

大学の留年・中退率公開義務化が、現在中教審のワーキンググループで検討されているとニュースが出てきました。(H30.9.19引用) www.nikkei.com 今後の大学の在り方を議論する中教審部会のワーキンググループ(WG)は18日、各大学に対し、学生の留年・中…

大学職員のサジェストキーワード分析から見る転職系ワードの多さ

このブログは開設して5年目となります。そしてその5年間の間に、大学職員に関する様々なサイトやブログが開設されています。特に近年は大学職員の仕事や転職に関するブログが多いですね。 これについては、ここで是非を述べる訳ではありません。ただ、ふと…

新・放課後子ども総合プランと大学の学童運営

小1の壁という言葉を知っていますか? また、子どもが小学生になり、両親が働いている時の子どもの預け先の「学童」に待機児童がいる事も知っていますか? この点について、2018年9月14日に策定された新・放課後子ども総合プランには、放課後児童クラブ、所…

リカレント教育は大学を救うのか?

2018年度の文部科学省の高等教育における議論を見ていると、頻繁に「リカレント教育」のワードが出てくるようになりました。 2019年度文部科学省概算要求等の発表資料と国の方針 リカレント教育とは何か? リカレント教育の種類 リカレント教育の大学側の負…

大学の情報公開の現在までとこれから~法令と補助金の視点から~

大学は、自身の透明性を確保する為、また説明責任やステークホルダーに情報提供する為に情報公開を行っています。この情報公開について平成30年度は大きな変革が進みつつあります。 そこで、情報公開に係る近年の法令改正や高等教育政策の中での議論を踏まえ…

私立大学等改革総合支援事業は専門的業務のハードルを下げていないだろうか

私立大学の助成について、平成30年度の一般補助に教育の質に係る客観的な指標や私立大学等改革総合支援事業(以下、「支援事業」)のタイプ1では大幅に設問内容が変わりました。 www.daigaku23.com www.daigaku23.com 一般補助の教育の質に係る客観的な指標…

大学のホームページのSSL化未対応の問題について

2018年7月にリリースされたインターネットブラウザ「Chrome 68」から、SSL化していないホームページに警告が出るようになったのは知っていますか? 既にかなりの企業のHPはSSL化がされています。 Chromeの上にあるアドレスバーを見て下さい。左側に…

Liquid Textの有料版の主な機能と使い方

PDFを書き込むだけではなく、重要な文章や図面を抜き出したり、複数のPDFから引用してマインドマップのように考えを整理する時は、iPadアプリの「Liquid Text」を活用しています。 PDFに書き込むだけなら、他のアプリやソフトでも充分ですが、考えをまとめる…

第3期教育振興基本計画の高等教育に関する記述のまとめ

平成30年6月18日に文部科学省のホームページ(新着情報)に、第3期教育振興基本計画が掲載されました。 第3期教育振興基本計画:文部科学省 概要だけでは、どうも高等教育に関してどのように書かれているかが掴みにくい部分があるので、下記についてまとめま…

大学アドミニストレーターとは何なのか?

このブログ名にもなっている「大学アドミニストレーター」は、大学で働いていると一度は耳にした事がある用語だと思います。 この「大学アドミニストレータ」に関しては、大学事務職員は「事務職員」であって、アドミニストレータとかそんなのは関係ないとか…

東京オリンピック及びパラリンピックの学生ボランティアの課題

オリンピック開催2年前となり、オリンピック・パラリンピックと大学との連携が進んでいます。 tokyo2020.org さて、最近大学内外で話題になるのはオリンピックのボランティアについてです。ボランティアの募集はこれから始まるのですが、案として「大会ボラ…

初心者が規程や規則を策定する際の手順例

社会人中堅ともなると、法令が変わったり、新しい事業をやる場合に規程を改変したり、新規に策定をする必要があります。 しかし、日常業務の中で規程を学ぶ機会は中々ありません。そこで先日、大学職員の文書というテーマから、「規程」に関するワークショッ…

リカレント教育は寄附講座にしたらどうだろうか

5月15日に中央教育審議会大学分科会将来構想部会 第14回制度・教育改革ワーキンググループが行われました。 この会議での議題は、社会人の学び直しに係る制度改正、実務家教員の登用制度、認証評価制度です。 なお社会人の学び直し(以下、「リカレント教育…

大学間連携の難しさ

ここ数年、大学の連携の話がよく聞くようになっている。それはコンソーシアムだけでなく、補助金や政策誘導による大学間連携共同教育推進事業や私立大学等改革総合支援事業のプラットフォームも連携の一つであある。 <参考> 大学間連携共同教育推進事業:…

【コラム】GW明けの学生の所感~いつでも多忙な学生~

自分が学生の頃を思い出すと、例えば一般教養の科目は、大教室に溢れんばかりの受講生がいても、ゴールデンウィークが明けると徐々に受講者数が減り、また試験前にどっと増えるというのが殆どでした。 そうなると大混雑だったスクールバスや学食の混雑が緩和…

科目閉講と兼任教員の担当について

先日SNS上で、非常勤の先生が履修者がいない科目があり、大学からその科目のぶんの手当がないと連絡があったとの話が話題になりました。 この話題については給料はどうなるのだとの話が多いように思われますが、次の2つがあるのではないでしょうか。 ①閉講…