大学アドミニストレーターを目指す大学職員のブログ

大学や高等教育関連、法令の解説が中心のブログ

【スポンサーリンク】

大学職員におススメの本~若手から中堅の大学職員の手元にあって欲しい本や大学職員目指す人の参考本~

大学職員になってだいぶたちました。この間に業務や自己啓発で様々な本を読みました。

そこで今回は新人から中堅の大学職員の人には、ぜひ個人の机の上、身の回りや部署に是非に置いておいて欲しい本をまとめました。どの部署にいてもこれらの本は必要になるかと思います。

 

 

大学や法人の歴史や建学の精神について書かれている本・冊子等

大学によっては、大学の歴史や建学の精神について本にしたり、パンフレットにしているかと思います。おそらく採用試験の選考の時に、ホームページとかで建学の精神について勉強をしているかと思いますが、大学職員になった後にも、その大学で働く上では必ず理解はしておく事が必要です。

特に学部学科の設置事務担当や補助金申請担当になったら、そこから文章を引用することがあるかと思います。(大学によっては、学生に配布する手引きにも載ってますね)

 

教育六法(もしくは教育小六法)

法令は、e-Gov法令検索で見ることはできるのですが、解説などが必要な場合は教育小六法はあったほうがよいかなと思います。またどの部署でも、最低限、学校教育法と大学設置基準は最低限読んでおく必要があります。例えば、必要な校舎面積の計算や学部学科や大学全体の教員数の計算ができると、総務や学部学科等の設置申請で非常に役立ちます。自分は新しい部下には経費購入で必ず教育小六法を1冊渡しています。

教育小六法 2019年版

教育小六法 2019年版

  • 作者: 市川須美子,小野田正利,勝野正章,窪田眞二,中嶋哲彦,成嶋隆
  • 出版社/メーカー: 学陽書房
  • 発売日: 2019/01/19
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

教学に関する本

教学に関する本もたくさんありますが、実務的な本がいいかと思います。もう出版されてだいぶ経っていますが、分かりやすいのはこれですね。 教学や教務に関する本はこちらが決定版といっていいかと思います。 

大学の教務Q&A (高等教育シリーズ)

大学の教務Q&A (高等教育シリーズ)

 
大学のFD Q&A (高等教育シリーズ 171)

大学のFD Q&A (高等教育シリーズ 171)

  • 作者: 佐藤浩章,中井俊樹,小島佐恵子,城間祥子,杉谷祐美子
  • 出版社/メーカー: 玉川大学出版部
  • 発売日: 2016/06/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
大学改革を成功に導くキーワード30―「大学冬の時代」を生き抜くために

大学改革を成功に導くキーワード30―「大学冬の時代」を生き抜くために

 

 

この他に大学用語集があるといいのですが今は絶版だったりしますので、これは将来的にどうにかしたいなと思っています。 あと例えば単位制度などの原理原則を理解する上では舘先生の本は役に立つと思います。 

改めて「大学制度とは何か」を問う

改めて「大学制度とは何か」を問う

 

 

大学のデータの定義や指標

大学のデータの定義や指標については、この本が一番です。  

大学経営等に関する本

東京大学の大学経営・政策コースから出ている大学経営について書かれた本です。初学者でも非常に分かりやすく書かれています。

大学経営・政策入門

大学経営・政策入門

  • 作者: 東京大学大学経営・政策コース 
  • 出版社/メーカー: 東信堂
  • 発売日: 2018/09/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

図表作成に関する本、エクセル等の使い方の本

エクセルは言うまでもなく、図表を分かりやすく作成できる人は(自分も含めて)あまり周りにはいないと思っています。

大学は文書が基本ですが、企画系・広報・募集等は図表の本は役に立ちます。ポイントを押さえるだけで見易さや見栄えが違いますよね。

ウォールストリート・ジャーナル式図解表現のルール

ウォールストリート・ジャーナル式図解表現のルール

 
グラフをつくる前に読む本 一瞬で伝わる表現はどのように生まれたのか

グラフをつくる前に読む本 一瞬で伝わる表現はどのように生まれたのか

 

 

 

文書や校正に関する本

また大学職員は文章を書く仕事も多いです。これは役職がついたり、上にいけばいくほど文章を書くスキルが求められます。 

日本語表記ルールブック

日本語表記ルールブック

  • 作者: 日本エディタースクール
  • 出版社/メーカー: 日本エディタースクール出版部
  • 発売日: 2012/03/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 
標準 校正必携

標準 校正必携

 

 

大学は規程をもとに動いています。その規程を理解する為には法政執務の本があると非常に役立ちます。特に自分は法学を大学で学んでこなかったので、この本を参照する事が多いです。 

全訂 図説 法制執務入門

全訂 図説 法制執務入門

  • 作者: ぎょうせい法制執務研究会
  • 出版社/メーカー: ぎょうせい
  • 発売日: 2013/01/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 11回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

若手大学職員や大学職員になりたい人向けの必携本 

SDのための速解大学教職員の基礎知識 2019年度改訂版

SDのための速解大学教職員の基礎知識 2019年度改訂版

 

 最近は大学職員の就職や転職関連に役立つというキャッチコピーの情報商材も出ていますが、それを買うよりこれ一冊を買えば大学や高等教育に関する事項はかなりカバーできます。

そしてこの本の不思議な所はバックナンバーが妙に高額で販売されている事ですね。

終わりに

部署によって必要な本は様々なだと思いますが、これぐらいあるといいかなと思っています。出来れば個人負担ではなく、仕事の不可欠の本もありますので、本人に負担のないように出来るといいなと思っています(私もまだ半分ぐらいしか、経費で買って部下に渡せてないです) もちろんこれ以外にも、自学の履修の手引きとか、規程集とかもあります。

(2019年6月12日更新)