大学アドミニストレーターを目指す大学職員のブログ

大学や高等教育関連の話題が中心。

【スポンサーリンク】

大学の公開しているファクトブックのリンクまとめ

大学にIRが広まりだしたとき、データブックを公開している大学の事例をよく見聞きしました。 そして近年は、ファクトブックを作成及び公開している大学も多くなっています。そもそもファクトブックは、5年や10年といった経年データを入れて(他の大学との比…

教学マネジメント特別委員会の議論のまとめと気になる点のメモ

2018年11月に文部科学省の中央教育審議会で出された「2040年に向けた高等教育のグランドデザイン(答申)(中教審第211号)」は、2040年の展望や高等教育が目指す姿、教育研究体制、そして教育の質保証と情報公開について記載がされています。 そして2018年1…

2019年以降の私立大学の支出抑制と行く末

18歳人口が2018年以降から減少する2018年度問題は、大学の学生募集や大学経営で大きな問題です。大手私立大学や有名ブランド大学ではない小中規模大学や地方に立地している大学は、数年前から2018年度問題に戦々恐々としていました。 ただ関東近郊の小規模中…

学校法人制度の改善方策から見る大学改革と学校法人・大学の撤退

私立大学等の振興の議論の中での学校法人におけるガバナンス機能の強化の検討の為にに大学設置・学校法人審議会学校法人分科会 学校法人制度改善検討小委員会が2017年(平成29年)から置かれています。 なお、学校法人制度については下記をご参照下さい。 学…

IRと大学職員㉚IRは大学改革に寄与するのか

近年、高等教育政策や大学評価、補助金(特に私立大学等改革総合支援事業)により、IR(Institutional Redearch)が大学の中で認知されてきているかと思います。 さて2019年1月7日に法政大学の児美川先生の次の記事が出されました。 jbpress.ismedia.jp 上記…

「まち・ひと・しごと創生総合戦略2018 改訂版」における大学言及箇所のまとめ

内閣官房・内閣府 総合サイトの地方創生のサイトに、閣議決定された「まち・ひと・しごと創生総合戦略2018 改訂版」が2018年12月21日付けで公開されました。 本体などは下記から閲覧ができます。 www.kantei.go.jp ただ本体や今後のアクションプランは合わせ…

読了記録:残業学ー明日からどう働くか、どう働いてもらうか

残業の懐かしき思い出と今 新卒で入った最初の会社で配属された支店は、残業をつけていい目安時間は月10時間程でした。 それでも課全体では定められた利益目標額を達成していたので、月10時間ぐらいであれば上から文句を言われる数字ではなく、残業時間は多…

大学職員のブログと知識や経験をアーカイブ化すること

このブログを立ち上げてから、5年が過ぎようとしています。その5年間の間に、大学に関するブログがいくつも出てきて、そして数か月から半年ほどで更新がとまってしまったブログもいくつもありました。 大学職員のブログの位置づけ このブログははてなブログ…

高等教育無償化に向けて、大学が確認・検討すべき事項(メモ)

高等教育の無償化が2020年度から始まります。ただ、これは給付が2020年度から始まるという事です。 無償化には、①無償化の支援対象者が要件を満たし、②該当の大学が無償化の対象となっている必要があります。なお、大学側は高等教育の無償化の対象大学となる…

経団連の大学への提案「今後の採用と大学教育に関する提案」の概略のマインドマップと所感

2018年12月に示された経団連の「今後の採用と大学教育に関する提案」で大学や学生に対して教育やキャリア教育の実施について求めています。1枚で提案が概観できるよう要点をまとめたマインドマップや要約マップを作成し、大学にいる立場として所管をまとめま…