大学アドミニストレーターを目指す大学職員のブログ

大学や高等教育関連の話題が中心。

【スポンサーリンク】

内部質保証と第3期認証評価①内部質保証の構築とは何か

第3期認証評価では、第2期認証評価で確認された内部質保証の構築・仕組みが適切に出来ているかが問われています。 つまり内部質保証システムが適切に運用されているかが確認されます。

 

内部質保証の構築といっても、それは一つの事例のみで正解ではありません。大学の規模、組織、文化などによって、最適な内部質保証の仕組みは変わります。

 

ただ内部質保証は、自分が所属する部局や部署のみで考えると理解が難しいです。IRや評価系のセッションに出ていても、内部質保証とは何かが理解しにくいとかという意見を聞きます。

 

そこで今回は内部質保証とは何かを見ていきます。

  

それでも大学基準協会は、大学評価ハンドブックの「大学基準の解説」の中に内部質保証について次のように解説されています。

 

大学教育の質を保証する第一義的責任は大学自身にある。大学は、その理念・目的の実現に向けて、内部質保証システムを構築し十全に機能させ、恒常的・継続的に大学教育の質の保証及び向上に取り組まなければならない。内部質保証とは、PDCAサイクル等を適切に機能させることによって、質の向上を図り、教育、学習等が適切な水準にあることを大学自らの責任で説明し証明していく学内の恒常的・継続的プロセスのことである。
内部質保証に関わる学内の様々な取り組みが円滑に進むよう、大学は、その理念・目的等に照らして、大学全体として内部質保証の推進に責任を負う組織(以下、「全学内部質保証推進組織」という。)を整備するとともに、内部質保証のための全学的な方針及び手続(以下、「内部質保証の方針及び手続」という。)を明示しなければならない。大学は、この内部質保証の方針及び手続に、内部質保証に関する大学の基本的な考え方、全学内部質保証推進組織の権限と役割、全学内部質保証推進組織と学部、研究科その他の組織との役割分担、教育の企画・設計、運用、検証及び改善・向上のための指針等を定める必要がある

この解説の中で言われているのは大きく3つです

①内部質保証とは何か

②全学の内部質保証推進の組織の設置

③内部質保証の方針や手続

では、これらについて少し細かく見ていきます。

 

①内部質保証とは何か

内部質保証は「教育、学習等が適切な水準にあるか、もしくは水準に達していない場合は自らが改善するプロセスがあるか、それらは恒常的かつ継続的にできている事」です。ただ、第3期認証評価では内部質保証が出来ている事を示す必要があります。②や③はその為の方針や仕組みづくりを示しているのです。

ただ、方針や仕組みがあっても内部質保証が出来ているとは言い切れません。例えば一定の質の保証の為に、改善活動を示す資料を提示する事や外部評価を活用するといった事が考えられます。改善活動を示す資料も、どのように問題を認識したか、どのように計画を策定し、組織として改善することを審議し決定したか、どのように改善したか、その成果は何かといったものを用意する必要があるのです。

その資料として会議資料や議事録といった書類が重要になります。 

www.daigaku23.com

 

②全学内部質保証推進の組織の設置

この内部質保証推進組織といのは、非常に迷う所です。例えば、既に自己点検評価を担う組織・委員会があり、それと別々にしないといけないのか?それともこの組織を内部質保証を推進する組織としてもいいのかといった事も迷うポイントでしょう。

 

ただ、自己点検評価を担う組織はどのような組織なのかを確認する必要があります。そもそも内部質保証は自らの質の保証や向上を恒常的・継続的に取り組むものですので、自己点検評価を担う組織でこれらが出来ているかのチェックが必要です。単にPDCAサイクルを管理監督するだけや自己点検評価をしているだけでは、内部質保証を担う組織とは言い切れません。

 

例えば、大学の理念や3つの方針や他の方針(例えば大学基準ごとの方針)を照らし合わせた自己点検評価結果から、課題や改善について計画策定や実施の指示をする機能、もしくはそれらを学内の適切な組織に実施を依頼(指示)する組織が内部質保証の推進する組織と言ってもいいのかもしれません。

 

また全学(大学)としての組織とされている事にも注意が必要です。

 

③内部質保証の方針や手続 

内部質保証の方針は、全学的な方針である必要があります。この方針には、大学基準の解説にも書かれていますが、大学として内部質保証をどのように考え(定義)しているかを示す必要があります。

 

また②の全学の内部質保証を担う組織がどのような機能や権限を全学の観点から持っているか、学部・学科・研究科との関係(例えば内部質保証推進組織がどのように学部・学科・研究科が行った自己点検評価結果に対して、改善等の指示をするかなど)、内部質保証の検証はどうするかといった事を方針として定める必要があります。

 

またこれらの方針は、学内外にどのように公表しているかも問われますので、学内への周知方法や理解の為の取組み、ホームページなどでの公表も検討する必要があります。

 

終わりに

内部質保証は、大学によって、まったくあり方が違います。また大学基準協会で示している内部質保証は一定規模以上の大学に最適化したものであり、小規模中規模大学ではもう少し違う内部質保証のあり方があるのかもと感じてもいます。 

 

では内部質保証の構築とは何をすればいいのでしょうか。今回紹介した組織の設置や方針だけではなく、まずは内部質保証を推進できる人材育成・確保も必要であると思っています。自学の文脈に詳しく、規程にも精通し、教育研究も一定以上の理解があり、組織内の調整が出来る人材が理想ではないのかなと思います。(まあ内部質保証推進は人に頼ってはいけないと思いますが、スタートアップとしては不可欠ではないかと思います。)

 

<過去関連記事>

www.daigaku23.com