大学アドミニストレーターを目指す大学職員のブログ

大学や高等教育関連の話題が中心。

【スポンサーリンク】

大学職員のブログと知識や経験をアーカイブ化すること

このブログを立ち上げてから、5年が過ぎようとしています。その5年間の間に、大学に関するブログがいくつも出てきて、そして数か月から半年ほどで更新がとまってしまったブログもいくつもありました。

 

大学職員のブログの位置づけ

このブログははてなブログを利用しています。はてなブログのトップページをみると様々なブログがありますが、大学職員のブログは次に分類できるのかなと思っています。

  1. 大学職員による、大学に関する情報を書いた大学関係者向けに書いているブログ
  2. 大学職員による、大学に関する情報を書いた大学関係者以外に書いているブログ(大学職員の転職系ブログはこちらに含む)
  3. 大学職員が書く雑記ブログ
  4. その他

この中でいうと本ブログは1の大学関係者向けのブログで非常にニッチな範囲だと思います。

 

本ブログの目的は自分本位

このブログを書くきっかけは、最初は自分も文書を書く習慣づけをしたいと思った事がきっかけです。ただブログを書く上でいくつか目的も増えています。

  • 自分のライティング練習として
  • 後輩や部下に教える事のメモ帳として
  • 仕事の公開メモとして

このブログで一番読まれているのは、大学設置基準の単位制度についての記事です。

www.daigaku23.com

こういう記事を書き始めたのは、大学設置基準の解釈などは教わる機会がなかった事がきっかけです。部下や後輩が困った時に、インターネットで検索すればすぐ出るようにしておきたかったのです。

 

また仕事をする上で、調べたことをメモにまとめてそれをアップする事もあります。例えば「2040年に向けた高等教育のグランドデザイン(答申)」のマインドマップは、自分が答申を理解する上で作ったマインドマップをアップしたものです。

答申をいったりきたりして読みながらマインドマップを作っていく作業は土日を使っていますが、答申の構造と内容を理解するには非常に効果的でした。

このように公開メモとしての目的もこのブログにあります。(いまだに調べる時に自分のブログの過去記事をあたる事も少なくありません)

 

ブログを書くルール

このブログを書くルールは非常に簡単です。

  • 書きたい(興味ある)ものを書く
  • 自分の仕事や日常に関するもの
  • ソースはインターネットで公開されている情報や自分の経験

このブログの記事一覧を見ると、IRやSD、高等教育政策など非常に偏っています。例えば財務・会計や学生支援系の記事は殆どないはずです。

そして、根拠となる情報は原則はインターネットで誰でも見られる情報にしています。公開している情報を載せて意味があるのかと思った時もありますが、自分の経験や知識を加えたり、何かを調べるということは仕事にも活かせますし、誰かの役に立つかもしれません。

ブログを5年間書いてみてどうだったか

このブログは記事が約320程あります。記事を書き積み重ねていくことは、ノウハウや知識のアーカイブ化を図っていると考えています。特に書籍や論文などにはない、法令や政策などについては、よく読まれていますし、需要があるのだなと感じます。

例えば単位制度以外に読まれている記事はこんなものですね。

www.daigaku23.com

www.daigaku23.com

今の仕事は、ノウハウや経験を言語化してブログに書くというものが難しいものもあります。それでも公開情報を基に、差し支えない範囲であれば、大学関係者が参考となる記事を発信していきたいなと思っています。

もちろん記事に間違いがありました、問い合わせやツイッターから遠慮なくご意見下さい。