大学アドミニストレーターを目指す大学職員のブログ

大学や高等教育関連の話題が中心。

【スポンサーリンク】

平成29年度実施の認証評価結果の(興味深い)優れた取組について

認証評価機関連絡協議会のHPに平成29年度の認証評価の結果の概況や優れた取組の一覧が掲載されました。

認証評価機関連絡協議会 | Japan Network of Certified Evaluation and Accreditation Agencies (JNCEAA)

優れた取組を見ていて、自分が不勉強なのもありますが、「面白いな」とか「あまり聞かないな」と思うものの一部を下記にメモして引用してみました。(全文は上記リンクのファイルをご覧下さい)

名 称 評価機関 テーマ 優れた取組
会津大学 大学基準協会 教育方法 国際社会に通用する研究者・技術者等を育成するという考えのもと、すべての学生が英語で卒業論文を作成したうえで、英語による卒業論文発表会を行うことを全学的方針としている。
追手門学院大学 大学基準協会 管理運営 学部長補佐に事務職員を配置したほか、従来は事務職員のみで構成していた教務部の部長に教員を配置するなど、教員と事務職員がともに活動し、教職協働で大学運営を行う体制を構築している。
恵泉女学園大学 大学基準協会 教育方法 正課の体験学習として、国外で活動する短期の「フィールドスタディ(FS)」、長期の「フィールドスタディ(FS)」は、発展途上、貧困・差別などの深刻な課題について、現地で体験するプログラム
学生支援 「退学者ゼロ」を目指した学年担任制や「学食ラーニングコモンズ」などのきめ細かな取組みは、個別の教員や学科教員だけでなく、各部署の事務職員と連携を取り、場合によっては保護者とも連絡をとりながら一丸となって課題のある学生を支援し、早期離脱を防ぐセーフティネットとして機能しており、評価できる。
国際基督教大学 大学基準協会 教育課程・教育内容 バイリンガル教育の土台として、リベラルアーツ英語プログラム(ELA)及び日本語教育プログラム(JLP)を設定している。
教育方法 学生の主体的な学修を促す取組みとして、専任教員がアドヴァイザーとして学生一人ひとりにつくアドヴァイザー制度を導入し、双方の積極的な関わりを促すためにアドヴァイジングシラバスを設け、毎学期の履修計画や履修状況等に関して面談・助言を行っている。
学生の受け入れ 教養学部では、2015(平成27)年度よりリベラルアーツの学びへの適性を図る独自の試験科目として、「総合教養(ATLAS)」を導入している。
西南学院大学 大学基準協会 教育方法 スチューデント・アシスタント(SA)や図書館チューターを活用した1年次生の課題添削やレポート作成などの支援は、優れた学習支援の取組みといえる。
管理運営 「職員研修制度運営委員会」を中心とした組織的な体制のもと、事務職員の資質向上に向けて豊富な内容や種類の研修等を実施し、職員の行動指針である「職員に求められる資質及び姿勢」を定めて『職員研修ガイド2016』で周知し、職場内研修においても他部署の参加を推進するなど、全学的にSD活動への積極的な取組みを行っており、評価できる。
東海大学 大学基準協会 教育課程・教育内容 全国にある8キャンパスを4つの地区に分けて展開しているキャンパス間留学制度は、在籍キャンパス以外の地区の授業を現地で受講することができる。また、制度利用に際しては奨学金も用意されており、多数の学生が活用している。こうした取組みは、総合大学である貴大学の教育研究分野の多様性を生かしてさまざまな学びの機会を学生に提供するとともに、「文系・理系の領域を融合した幅広い知識と、他文化を理解し、国際性豊かな視野を持つ人材の育成を図る」という教育理念を実現している点でも評価できる。
東北学院大学 大学基準協会 管理運営 事務職員の意欲・資質向上のため、職員育成の基本方針及びそのもとに職員に求める7つの資質を制定し、さまざまな学内研修のほか、職員業務研究に係る学長研究助成金の支給や他大学との職員相互派遣等に取り組んでいる。
日本福祉大学 大学基準協会 教員・教員組織 専任教員に対し、5年ごとに教育研究活動の審査を受けることを義務付けた、「教員資格再審査制度」を設けている
青森大学 日本高等教育評価機構 1-2.使命目的及び教育目的の適切性 「青森大学ルネッサンス」を提唱し、学生に身に付けてほしい「3つの力」を具体的に示すとともに、「青森大学基礎スタンダード科目」の設定によって基礎・教養教育の再構築を実現し、特色のある教育を展開していることは高く評価できる。

特に東海大学のキャンパス間留学は、初めて聞きました。

 

また取り上げているのは大学基準協会が多いのですが、これは認証評価機関によって、何を優れた取組とするかは、感覚的にですが大きく異なるなと思います。例えば、大学改革支援・学位授与機構では補助事業の採択が優れた取組みとして記載されていますが、大学基準協会ではその内容についての評価をしている印象があります。

また機構は、やっている事(事実)だけが記述され、大学基準協会は取組例だけではなく、どういう点を評価したかも書いてあるので、どうしても基準協会のほうが分かりやすく感じてしまうといった理由もあります。

 

<過去参考記事> 

www.daigaku23.com 

www.daigaku23.com