大学アドミニストレーターを目指す大学職員のブログ

大学や高等教育関連の話題が中心。

【スポンサーリンク】

【コラム】単位制度に関するキャップ制の議論の論点について

 単位の実質化に関する議論でCAP(キャップ)制に関するものがあります。そもそもキャップ制とは次のことを言います。

学士課程教育の構築に向けて(答申):文部科学省

学士課程答申用語集

【キャップ制】(p20,21,)
単位の過剰登録を防ぐため,1年間あるいは1学期間に履修登録できる単位の上限
を設ける制度。
我が国の大学制度は単位制度を基本としているが,大学設置基準上1単位は,教員
が教室等で授業を行う時間に加え,学生が予習や復習など教室外において学習する時
間の合計で,標準45時間の学修を要する教育内容をもって構成されている。また,
これを基礎とし,授業期間は1学年間におよそ年30週,1学年間で約30単位を修
得することが標準とされ,したがって大学の卒業要件は4年間にわたって124単位
を修得することを基本として制度設計されている。

また大学設置基準でのその旨が記載されています。

(履修科目の登録の上限)

第二十七条の二 大学は、学生が各年次にわたつて適切に授業科目を履修するため、卒業の要件として学生が修得すべき単位数について、学生が一年間又は一学期に履修科目として登録することができる単位数の上限を定めるよう努めなければならない。

2 大学は、その定めるところにより、所定の単位を優れた成績をもつて修得した学生については、前項に定める上限を超えて履修科目の登録を認めることができる。

 キャップ制を導入している大学は、文部科学省の「大学における教育内容等の改革状況について(平成27年度)」のP12によると次のように記載されています。

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/daigaku/04052801/__icsFiles/afieldfile/2017/12/13/1398426_1.pdf

平成27年度現在、国公私立683大学(約92%)が履修科目登録の上限を設けている(その内、学部全体で設けている大学は663大学(約89%))。 

 少し前の調査ですがかなりの大学でキャップ制が導入されているようです。

 ただ、私もキャップ制の導入の仕事に少し関わった際に色んな意見を頂戴しました。

例えば

・半期18単位に設定すると、授業がなくて学生は遊んでしまう。

・単位をほとんど取れなかった場合、早期(例えば1年次末)に4年で卒業できないことが分かってしまう。

・3年次までに単位をとらないと就職活動に支障が出る。

またキャップ制については大学教育部会(第29回)で関西国際大学の濱名学長は次のように指摘しています。

キャップ制の話は,現在,設置基準上キャップ制を置くことが努力義務になっています。キャップ制については専門職養成の目的養成分野においては非常に悩ましい関係で,つまり,資格要件とキャップ制の両立の問題というのは保健医療の分野を筆頭に,あるいは教員養成の分野も含めて調整していかなければいけない状態です。ところが,現状はガイドラインを示してないので,認証評価機関ごとに扱い方はばらばらです。また,設置審査なり,アフターケアの中でも共通見解を出し切れていない。ところが,現在のキャップ制の相場というのは2学期制を前提に考えていますけれども,東京大学など,4学期制になってくると,それを単純に半分に割ればいいのかとか,そのあたりについても明確にしていかなければいけない。

  この点について認証評価の文脈だと、例えば大学基準協会では、第3期認証評価の基礎要件に係る評価の指針で次のように記載しています。

http://www.juaa.or.jp/images/accreditation/pdf/e_standard/university/shishin_02.pdf

8 履修登録単位数の上限設定
・ 単位の実質化を図る措置が不十分な場合は、改善課題として指摘する。
※ 単位の実質化を図る措置は、履修登録単位の上限設定(年間 50単位未満で設定していることを目安とする)、教育課程上の配慮、成績評価の厳格性の確保、授業時間外に必要な学習の促進等の取り組みを指す。

※ 上記のうち履修登録単位の上限設定は主要なものと考えられるが、その実施を一律には求めない。特に、厚生労働省関係の国家試験の受験資格を得ることが必須となっている学部・学科については、その他の措置の状況も十分に踏まえて判断する

  本記事ではキャップ制の是非や効果についてではありませんが、キャップ制を議論するうえでどうも論点や議題がゴチャゴチャになっているのではと思う事があります。

例えば私的に思う事として以下があります。

○キャップ制が学生の学習時間に増減に寄与しているか。ただ制度1つだだけで学生の学習時間の増減を議論してよいのか?学生の学習時間の増減はキャップ制だけではなく、学習行動や生活、また大学側の他の制度や設備なども考慮しないといけないのではないか

○キャップ制に関する議論は単位の実質化の議論と結びつく。

○キャップ制は教育成果と結びつけて議論することは理解は出来るが、それだけを結んで議論する事については検討が必要。

○現実(例えば就職活動に影響)を見て議論・運用することも否定はしないが、制度から外れた解釈や運用はどうであろうか。大学設置基準から外れるという意味をきちんと捉えて議論をする必要がある。

○わが大学は単位制度の勉強量ではなく、学修の質だからCAP制は関係ないという議論も分からなくはないが、きちんと質を担保できる客観的な指標やエビデンスが必要ではないだろうか。

 

 まあ学習時間を伸ばしたいというのであれば、例えば大学設置基準で講義や演習は15~30時間までの範囲で大学が定める範囲をもって1単位となっているます。通常は1単位15時間ですので30時間にしてしまえば、学生の学習時間は増えるのではないでしょうか。2単位10科目20単位で10コマだったのが、1単位20科目20単位で20コマという月~金まで毎日4コマの授業という素敵な時間割になるかと思います。(かなりの暴論です)