大学アドミニストレーターを目指す大学職員のブログ

大学や高等教育関連の話題が中心。

【スポンサーリンク】

【コラム】自分の能力の有効性の段階

 自分が常に心がけているものとして、自分の得意な分野を持ち、その業務をやっていなくともブラッシュアップは細々と続けるようにしています。そして常に思っているもので(このブログでも何回か言っておりますが)自分の武器を持ったほうがいいという事です。(武器といってもその仕事の方法や工程に精通している事を指すのではなく、根拠や関連法令など幅広く精通していることが必要であると思います。)

 そしてその武器の有効性はどの段階にあるのかをきちんと把握しておくことも必要であると思います。例えばこんな段階が考えられます。(有効性という言葉はあまり適切ではありませんが、どの組織レベルの中で自分が一番詳しく、適切に仕事が出来るかという事かと思います)

①部署内の同年代もしくは少し上の世代より、その分野に詳しい。

②部署内で誰よりも詳しい。(言うまでもなく、上司より詳しい)

③学内の職員の中で詳しい。

④学内では詳しい(教職員含む)

 経験が必要なものや上司や先輩より詳しくなるのは大変かと思いますが、目標として常に頭の片隅においておくべきなんだろうなと日々思っています。そして目指すは③や④だと思います。

 まあこれは自分が組織によりけりかと思います。1人だけ飛び出るのは好まない、出る杭は打たれる組織や出ない事を好む人もいるでしょう。ただ以前下記記事にも書いたように決して将来は安心できる時代ではないですし、(少なくとも私のまわりでは)若手中堅の能力やスキル、得意分野を見ていますので、日々努力は欠かせないよなと思っています。 

www.daigaku23.com