大学アドミニストレーターを目指す大学職員のブログ

大学や高等教育関連の話題が中心。

【スポンサーリンク】

【コラム】仕事は 過去に習い、今を俯瞰し、将来を考えるものではないか

大学職員界を裏で牛耳る大学職員ブロガーとして先輩であるまつみや氏の下記記事を拝読させていただいた。

shinnji28.hatenablog.com

 なお、内容に関して自分は同意である。その上で自分の考えを述べさせていただきたいと思う。

 数字が中々出てこない仕事、特にバックオフィスの仕事は単なる事務職と思うのかどうかは、その組織の文脈にも大きく左右されるものであるだろう。またその人の仕事のやり方というのもあったりして、黙々と作業をこなす業務というのも確かに数多くある。

 しかし、専任職員である以上はその仕事の背景、関連する法令、何故そうなっているかはきちんと理解をしておかねばならないと思っている。何か、問題や課題が出たときは、関連する法令や過去の事例に当たることは往々してあるはずである。(むしろ、厳しくいうのであれば、自分のミス以外で問題が起きない仕事であれば、そういう仕事しかまかせてもらえないという事もあるだろう。)

 また仕事を行う際は、学内の文脈に限らず、外部の動向にも目を配る必要あるだろう。それによって、自身の仕事や大学の業務を俯瞰し、(1年単位の仕事があれば)付加価値をつけたり、不必要な業務を削ったりと簡略化したり、マニュアルを再整備したりと行う事はたくさんある。大学で働く以上は、己の短期的なサイクルの仕事だけではなく、大学の存続性や社会的意味を考えねばならないと思うのである。

 

 事務の仕事は楽だ、それが自分には合っていると思う人もいるだろう。だが、己の価値というのは、どれぐらいのものなのか、一番は職場でも考える必要があるだろう。しかし、対外的に見ても、客観的に把握する事が必要であろう。(むろん、対外的にこだわりすぎて、職場・学内をおろそかにしては意味がない事はいうまでもない)

 所詮、(他で)培ってきた経験やアドバンテージは数年すれば食いつぶすか、自分の年齢やステージが上がることに無意味になってしまう。現状のままでいるのであれば問題ないが、それは自己のキャリアプランとライフプランとも向かいながら日々向き合うものではないかと思う。