大学アドミニストレーターを目指す大学職員のブログ

大学や高等教育関連の話題が中心。

【スポンサーリンク】

IRと大学職員㉗データと情報の違い

IRを行う上で、そのデータを出してとか、その情報が欲しいとか言われたり、言ったりしていませんでしょうか?またどちらも同じような意味合いで使っているケースも多いかもしれません。 しかし、データと情報はまったく異なります。例えばIRの定義や何か…

内部質保証と第3期認証評価①会議資料や議事録の点検

平成30年度より大学の認証評価は第3期もしくは第3クールと呼ばれ、内部質保証がきちんと出来ているかについて厳しく問われるようになりました。(第1期は自己点検評価をしているか、第2期は自己点検評価を不断的に行い、内部質保証の仕組みが出来ている…

リカレント教育は寄附講座にしたらどうだろうか

5月15日に中央教育審議会大学分科会将来構想部会 第14回制度・教育改革ワーキンググループが行われました。 この会議での議題は、社会人の学び直しに係る制度改正、実務家教員の登用制度、認証評価制度です。 なお社会人の学び直し(以下、「リカレント教育…

読了記録:「大学教育と読書」「アカデミック・ハラスメント」「健康格差」他

以下の本を読了した。 1冊目は、「大学教育と読書 大学生協からの問題提起」である。 全国大学生活協同組合連合会の本である。そもそも連合会は学生の実態調査を行っていたり、(全てではないが)各大学生協の書籍販売についても把握しているはずなので、こ…

大学間連携の難しさ

ここ数年、大学の連携の話がよく聞くようになっている。それはコンソーシアムだけでなく、補助金や政策誘導による大学間連携共同教育推進事業や私立大学等改革総合支援事業のプラットフォームも連携の一つであある。 <参考> 大学間連携共同教育推進事業:…

読了記録:「アメリカの大学に学ぶ学習支援の手引き」「通じない日本語」他

以下の本を読了しました。 まずは「アメリカの大学に学ぶ学習支援の手引き」です。 学習支援というと学生支援と混同しつつ、アメリカの学生支援についてのみ言及しているのかと思っていました。しかし、中で言及されているのは、学習支援の専門性だけではな…

【コラム】GW明けの学生の所感~いつでも多忙な学生~

自分が学生の頃を思い出すと、例えば一般教養の科目は、大教室に溢れんばかりの受講生がいても、ゴールデンウィークが明けると徐々に受講者数が減り、また試験前にどっと増えるというのが殆どでした。 そうなると大混雑だったスクールバスや学食の混雑が緩和…

読了記録:「おそろしいビッグデータ」や「「大学改革」という病」

以下の本を読了した。 ●おそろしいビッグデータ 超類型化AI社会のリスク 著者は法学の研究者であり、ビッグデータがもたらす個人にふりかかるかもしれない危険を法律に基づいて分かりやすく説明している。 ビッグデータについては概要だけ説明されているが…

平成29年度実施の認証評価結果の(興味深い)優れた取組について

認証評価機関連絡協議会のHPに平成29年度の認証評価の結果の概況や優れた取組の一覧が掲載されました。 認証評価機関連絡協議会 | Japan Network of Certified Evaluation and Accreditation Agencies (JNCEAA) 優れた取組を見ていて、自分が不勉強なのも…

大学職員として押さえておくべき大学設置基準⑦~教育課程~

大学設置基準シリーズ第7弾、今回は教育課程です。今回はちょっと長いです。 (教育課程の編成方針) 第十九条 大学は、当該大学、学部及び学科又は課程等の教育上の目的を達成するために必要な授業科目を自ら開設し、体系的に教育課程を編成するものとする…

アセスメントと学生負担

前々回の記事では言うなれば社会や大学外から求められるアセスメント(ポリシー)、前回の記事では大学の財政とアセスメントについて書きました。今回はまた違う視点にしてみたいと思います。 www.daigaku23.com www.daigaku23.com アセスメントを行う際に、…

アセスメント格差と財政格差

前回の記事の続きです。 www.daigaku23.com アセスメントが指標化され、それが補助金の要件であったり、何かの指標となる事にはある種の危惧を感じています。 その一つには、アセスメントには多大なコストがかかる場合があるからです。 例えばここ5~6年、…

アセスメントポリシーを私学助成の要件とするには、ポリシーの指針が必要ではないだろうか

(特に私学の)大学関係者は、私学助成の次のニュースが気になる人が多かったのではないでしょうか。 between.shinken-ad.co.jp 特に気になったのはこの部分です。(下線は筆者) 「改革総合支援事業では教育の質の『向上』を掲げながら、実際には質の『維持…

大学職員として押さえておくべき大学設置基準⑥~収容定員~

今回は大学設置基準第5章の「収容定員」ですが、非常に短いです。まずが該当の大学設置基準を見てみます。 (収容定員) 第十八条 収容定員は、学科又は課程を単位とし、学部ごとに学則で定めるものとする。この場合において、第二十六条の規定による昼夜開講…

大学職員として押さえておくべき大学設置基準⑤~教員の資格~

大学設置基準シリーズの5弾目。今回は大学設置基準の第4章で第十三条の二から第十七条の「教員の資格」についてです。 (学長の資格) 第十三条の二 学長となることのできる者は、人格が高潔で、学識が優れ、かつ、大学運営に関し識見を有すると認められる者…

大学基準協会第3期認証評価の判定保留と基準の公表と自己点検評価

認証評価は、学校教育法第109条により、受審する事が求められています。 第百九条 大学は、その教育研究水準の向上に資するため、文部科学大臣の定めるところにより、当該大学の教育及び研究、組織及び運営並びに施設及び設備(次項において「教育研究等」と…

単位制度とキャップ制~平成10年度の議論を中心として~

昨年度の大学基準協会の認証評価結果報告書の中で、多くの指摘をされていたのは1年間に履修できる単位数が多いというものがあります。 www.daigaku23.com 具体的には、1年間(もしくは1学期)に履修登録できる単位の上限を定めたキャップ制が緩いといった…

科目閉講と兼任教員の担当について

先日SNS上で、非常勤の先生が履修者がいない科目があり、大学からその科目のぶんの手当がないと連絡があったとの話が話題になりました。 この話題については給料はどうなるのだとの話が多いように思われますが、次の2つがあるのではないでしょうか。 ①閉講…

認証評価と大学の政治的判断

平成30年度から(大学の)認証評価から第3期がスタートとなりました。認証評価では端的にいうと第1期で自己点検評価をやっているか、第2期は内部質保証システムを構築しているか、そして第3期は内部質保証システムが適切に運用されているかが問われて…

個人メモ 答申・審議まとめリンク一覧

個人で使う為のリンク集です。今後追記をしていきます。 中央教育審議会 1998年 21世紀の大学像と今後の改革方策について ―競争的環境の中で個性が輝く大学― (答申) (平成10年10月26日 大学審議会):文部科学省 2002年 新しい時代における教養教育の在り…

読了記録:「社会調査」のウソなど

以下の本を読了。(ここ最近は本読む時間なかったので、前回の読了記録からこの2つのみ) 「社会調査」のウソ―リサーチ・リテラシーのすすめ (文春新書) 作者: 谷岡一郎 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2000/06/01 メディア: 新書 購入: 47人 クリック:…

新しいiPadでPDFを読む~Liquid Textを活用してみた~

先日、新しく出たiPad(第6世代)を買いました。iPadは第2世代とiPadmini第2世代を持っているのですが、前者は実家へ後者は子供がたまに使っています。今回、購入に至ったのは、アップルペンシルが対応となった事、そしてPDFデータを隙間時間に読まないと…

平成29年度認証評価結果報告書の努力課題等のまとめ

大学基準協会に平成29年度の大学評価の結果報告書が公表されました。そこで①大学基準協会に平成29年度の大学評価を受審している、②適合もしくは期限付き適合である条件の47大学の評価報告書から努力課題や改善勧告について類型化を行いました。これにより大…

大学名や学部名の難しさ

(まずこの記事は設置担当者、例えば大学を設置する時や学部学科等を設置する際の担当者の立場から書いたものである。) 大学名や学部名は非常に重要である。例えば私学であれば建学の精神や歴史を写し出すものであり大学のブランドにも関連する事である。一…

YOGABOOK(Windows版)の使用感

昨年の春に、LenovoのYOGA BOOKを購入しました。それまではiPadminiを使っていたのですが、会議の記録などを取る際に使いにくかったりしていたのと、手書き入力を使いたい、試しにWindowsマシンのsimフリーがいいという事で、条件にあったのかYOGA BOOKだっ…

違和感を大事にする事

仕事をしていると、たまに紙にペンがひっかかるような違和感を感じる事がある。自分としては、万年筆でヌルヌルと文字を書いていたのが、たまに紙に引っかかる感覚である。そして大概は放っておくと、問い合わせ、課題や問題点へと発展する場合が多い。 その…

SDを構築・企画する上での検討事項例

SDの義務化が平成29年4月1日から施行され、この1年間SDを企画し、実施されてきているかと思います。このSDの義務化は、教職員が大学等の運営に必要な知識・技能を身に付け,能力・資質を向上させるための研修の機会を設けることなどを求めるものですが、私学…

【コラム】(この春に職員になる人向け)入職してから留意しておくこと

自分が入職した時は、例外なくOJTがありまして、業務や稟議の書き方などを逐一チェックされつつ覚えていくわけです。そのときは仕事を覚えるので大変だったわけでしたが、今思うとこんな事をしておけば良かったや自分がOJTで指導する立場なら業務など…

IRと大学職員㉖組織内でのコミュニケーションの重要性

IRを進めていく上でどのような能力や知識、スキルが必要なのでしょうか。IRの萌芽期においては、日本型IR人材の養成という研究テーマも見かけました。近年は大学評価コンソーシアムの「評価担当者が自らのスキル、能力を把握し、今後の向上を図るためのルー…

大学職員として押さえておくべき大学設置基準④~教員組織~

大学設置基準第4弾です。今回は第3章の「教員組織」についてです。この章は比較的シンプルです。 (教員組織)第七条 大学は、その教育研究上の目的を達成するため、教育研究組織の規模並びに授与する学位の種類及び分野に応じ、必要な教員を置くものとする…